時計の使用とケアについて

CRYPTOMATICの時計をご購入いただき誠にありがとうございます。
こちらのリンクよりご購入された時計を登録してください。

以下に時計のケアについて役立つ情報をまとめました。 質問等はこちらからお問い合わせください。

image

腕時計は何百ものパーツで構成される精密機器です

— 修理が必要な場合は事前にCRYPTOMATICに必ず問い合わせください。

以下に、時計の体裁および機能を良好に保つためのアドバイスをまとめました。

CRYPTOMATICの時計を末長くお使いいただくためには、正しいケアが欠かせません。また、信頼の置ける時計修理業者によって手入れされた時計は何世代にも渡ってご使用いただくことも可能です。

image

予備動力
自動巻き時計は、手首の動きを利用してゼンマイを巻き上げます。通常、日中10-12時間ほど時計を着用することにより、夜間も機能し続けます。ゼンマイが十分に巻かれていない場合(時計をつける時間が短い、あるいは手首の動きが足りない場合)もしくは毎日定期的に着用していない場合は、予備動力が無くなり時計は動かなくなります。そのような場合は、手動でゼンマイを巻きます。時計の正確さをと十分な予備動力を確保するために竜頭を15-20回ほど巻いてください。この手順は、新しい時計を使い始める際にも行うようにしてください。

image

磁場

時計は強い磁場を発生させる電子機器(テレビ、ラジオ、携帯電話、電子レンジなど)のそばには置かないようにしてください

海水に時計が浸かった/海で泳いだ際

常に時計を常温の真水ですすぐようにしてください。

衝撃

熱衝撃およびその他いかなる衝撃も与えないようにしてください。

ねじ込み竜頭

竜頭をねじ込む際は時計内に水が入らないように注意してください。

化学製品

溶媒、合成洗剤、香水、化粧品が直接接触するのは避けるようにしてください。ベルト、ケースおよびガスケットに損傷を与える可能性があります。

image

温度

摂氏60度(華氏140度)以上および摂氏0度以下(華氏32度以下)の極度な温度は避けるようにしてください。

耐水性

時計の耐水性は永久に保証することはできません。ガスケットの老朽化、竜頭への予期せぬ衝撃などにより劣化していきます。弊社のカスタマーサービスに問い合わせて、一年に一回の頻度で耐水性を確認されることをお勧めします。

image

革ベルト

CRYPTOMATICは革ベルトを長持ちさせるために、以下ステップに従うことをお勧めします。

1. 変形および変色を避けるため、水に濡らすおよび湿度の高い場所での使用は控えてください。

2. 退色を避けるため、日光に長時間さらさないようにしてください。

3. 革は透過性であるということを忘れないでください。油っぽい物質や化粧品などの接触は避けてください。また。ベルトを革洗浄剤で手入れするのもお勧めできません。

4. 革ベルトに問題がある場合は弊社のカスタマーサービスまでご連絡ください。

時間の設定

まずはじめに

自動巻き時計をはじめに使用される際には完全に巻きあげるようにしてください。(図の1参照)

竜頭を回し、簡単に回転する位置まで外します。次に、竜頭を押し込まず時計回りに巻きます。最低15-20回ほど巻くと正確に機能するために十分な動力を蓄えることができます。巻き終えたら、竜頭を元の位置まで押して戻します。

時計を毎日十分な時間着用している場合、この作業を繰り返す必要はありません。手首の動きに合わせてネジも自動で巻き上がります。

次に竜頭を丁寧に最大まで引っ張ります。この位置で竜頭を回すと時間を調節することができます。

時間の調整ができたら再度竜頭を丁寧に元の位置まで戻し、押しながらネジを回して留めます。

重要

一度時間を設定したりゼンマイを巻いたりした後は、時計の内側に湿度や水が入らないように気をつけながら竜頭を元の位置まで回してください。

Screenshot

ベルトの調節

スチール製ベルト (HODLER Collection)
VIDEO HAS NO SOUND
 

 

革ベルト (HODLER Collection)
VIDEO HAS NO SOUND
 
スチール製ベルト (CRYPTOMAT Collection)

1. 同梱されているスクリュードライバーを使用ください。

2. ネジを回してスチール製ベルト抜いてください。初めは少し固い可能性があります。90度の角度でまっすぐに行うようにしてください。

3. 割りピンを抜いて、ご希望の長さにベルトを調節してください。この工程が難しいという場合は、ベルトの長さの調節を最寄りの時計店に依頼してください。

Screenshot
革ベルト (CRYPTOMAT Collection)

1. 同梱されているスクリュードライバーを使用してください。

2. 小ネジを外して、ステンレス製ベルトを取り外します。始めは少し固い可能性があります。ケースに傷をつけないように気をつけてください。この工程が難しいという場合、もしくはネジが引っかかって取れないという場合などは無理をせず、最寄りの時計店に依頼してください。ネジは紛失しても大丈夫なように多めに同梱してあります。

3. 革ベルトを正しい位置にセットします。

4. 小ネジを回して留めます。

フランジは時計の面に対して平行ではなく少し傾いています。ネジが穴に対して垂直であるかどうか確認してください。垂直でない場合、時の経過につれてネジが緩まったり壊れたりする可能性もあります。

Screenshot